デモを依頼

新しい働き方に対応する新しい繋がり方

Blog-Different-Work-Web-Hero (1)

私は、いつ、どのようにして生活が以前のように戻るかに関して書かれた記事を片っ端から読んでいます。科学者や識者の結論は次のように思われます。(1)近い将来ではない。(2)完全に以前のようには戻らない。

同僚のお子さんや配偶者、ルームメート、家の装飾やペットについて、これまであまり考えたことがありませんでしたが、今ではそれらも私の仕事と密接に関わっています。これは今までとは異なる働き方であり、本人のためにも、それ以外の全員のためにも、同僚のおかれている状況を考慮する必要があります。

この新しい職場環境は、雇用主も考慮する必要があります。各従業員には独自の家庭の事情が多々あり、それらは現在、本人や同僚、そして顧客の「仕事時間」の中にも侵入してきています。マネージャーは従業員にどのように支援できるか尋ねますが、多くの場合、何の手引きもなしに、未知の問題に直面することになります。

従業員のパルス調査を超えて

複数の人事関係の人に尋ねたところ、問題に対処できないことを恐れてパルス調査の実施をためらうとの回答を得ました。多くの雇用主が定期的なパルス調査を保留にしています。しかし今こそ、従業員から話を聞いて、マネージャーのための斬新なソリューションと手引きを準備する必要があります。

マネージャーや従業員は、雇用者からの今まで以上のサポートとつながりを必要としています。これは、旧来的なリモートワークの問題点について尋ねるといったパルス調査で済むことではありません。従業員は、自分のニーズに合わせてカスタマイズされた、雇用主との双方向のコミュニケーション手段を必要とします。

パルス調査に利用可能なテクノロジーを活用して、雇用主が従業員の様子を確認するために毎日連絡を取ることを可能にできます。これは従業員に新しい問題を提起する手段を提供する一方で、雇用主に彼らについて聞いて問題解決を迅速に開始する方法を提供します。想像してみてください…次の定期パルス調査の内容が、同じ質問の繰り返しや、もっとひどい例を挙げるなら、その従業員に全く関係のない質問などではなく、従業員が前日に提起した問題のフォローアップであったなら。

このようにして、従業員がいつでも問題を提起し、その問題が雇用主に届くようにする真の双方向コミュニケーションを作成できます。これにより、悪化しつつある問題や、それらの問題を経験している人、そして対策が講じられ、問題が解決に向かっているエリアを理解できます。

幅広いカスタマイズによりリアルタイムで意思決定

個々の従業員ごとにカスタマイズすることは、実用的でも必要でもありません。問題ごとにカスタマイズすることにより、類似した問題やニーズを抱える従業員のグループが完成します。これにより、従業員の応答をグループに分類して、フォローアップの日々のパルス調査で幅広いカスタマイズを可能にします。
雇用主は継続的なフィードバックを受け取り、リアルタイムで意思決定に役立つ情報を得ると同時に、従業員はソリューションの一部であることや、双方向の対話の一部であると感じることができます。さらに、従業員が従業員全体と比較して、時間の経過に伴う自らの応答をグラフ化したものを確認できると想像してください。これは魅力的で、カスタマイズされたものであり、新しい働き方に対応する新しいコミュニケーションのために、従業員と雇用主の双方が必要なものかもしれません。

もう、完全に以前のように戻ることはないでしょう。この新しくて異なる働き方を理解するには、従業員からの定期的かつ継続的なインプットが必要です。Atlanticの専門家によると、次に来るシナリオは少なくとも4つあります。その中に、元どおりに戻るというシナリオはありません。将来に向かって進んでいくためには、新しい働き方に対応する新しい繋がり方が必要なのです